のれんの京都染元しょうび苑を紹介します

のれんはお店の屋号や、家紋を入れて店先に飾るお店の顔として使用されてきました。

しかし現代では、のれんをこのような形で使うことが減ってきました。

しょうび苑では、水自然豊かな地域性を活かし、京都でも数少ない「ろうけつ染め」を中心に古くからの伝統を引き継いでいます。

ろうけつ染めは布にろうをのせ、染め上げる技法です。

布にろうをのせることは、防染方と呼ばれる色の混ざりを防ぐ目的があります。

染め上ったときに、ろうがひび割れをおこし、味わい深い不規則な模様が出来完成します。

しょうび苑では、既製品からオーダーメイドまで様々な対応をしています。

一般家庭で和テイストの部屋を演出したり、冷暖房効率アップにのれんを使用することができます。